You are here: Home > About ORCA・オルカについて > About Stuff・オルカズ

オルカは、英国IFA認定アロマセラピストであるオーナーセラピストのプライベートサロンで、基本的に一人で業務を行っておりますが、頼もしい助っ人スタッフがおります。
イベントに駆けつけてくれるスタッフもおりますが、ここでは、サロンに常駐しているスタッフをご紹介しています。

オーナーセラピストは、阿部祥子(あべさちこ)と申します。
持病に『化学物質過敏症』を持ち、自分の体調をコントロールする為に、本格的な自然療法の手段としてアロマテラピーを学びました。
私が所属しておりますIFA(国際アロマセラピスト連盟)は、1985年に英国を拠点に発足されたアロマセラピストの為の専門団体で、現在では、世界各地に高水準のアロマセラピストを輩出する、世界最高峰のアロマセラピスト団体です。
私自身が、小学生から肩こりに苦労しており、鍼灸、整体、按摩・マッサージ、リラクゼーション、リフレクソロジーといろいろ受けてきた中で、マルグリッド・モーリと、ジャン・バルネ博士に師事し、IFA初の認定講師の一人となったミシェリン・アルシェ(ミシェール・アーシェ/Micheline Arcier)先生のメソッド(手技)の素晴らしさを体感したことにより、IFAの門をたたくことになりました。
また、これを受け継ぎ、広めてこうと思い、お客様の体感を優先しつつも、できる限り、ミシェリン先生の伝統の流れを受け継いでおります。
エビデンスを重要視する根っからの理系出身者ですが、パシフィックエッセンスやハーブティーの素晴らしさも体感してしまい、愛飲しております。
もっとも、パシフィックエッセンスをはじめとするフラワーエッセンスは波動療法(物理学)で、ハーブティーは、アロマテラピー同様、化学と生物(解剖生理学)だと思っております。
【略歴】
1971年10月15日 千葉県柏市生まれ
小学4年生(10才)の時、現住所である埼玉県坂戸市千代田に転入し、小・中とこのあたりで過ごします。
高校から都内に進学し、通勤も都内で過ごし、体調を崩すまで埼玉都民をしておりました。
それまでも、受動喫煙による体調の不安は感じていましたが、社会人1年目に務めていた会社の環境が悪く、いよいよ受動喫煙により体調を崩しはじめて、環境の良い職場を求めて転職をしましたが、条件を整えて正社員で働くことに無理を感じ、情報工学科卒という面を活かして、システムエンジニア兼プログラマーとして、体調を診ながら派遣で働くことにしました。

30歳を目前に、漠然とした夢であった海外生活を実現すべく、ワーキングホリデーのビザを取得しカナダに渡り、スターバックス・カナダの店舗で就業したり、社会的に禁煙が推奨されている国で暮らすことで体調を取り戻し、また、自然と共に生きるカナディアンのアロマテラピーと出会い、独学でアロマテラピーの勉強を始めました。
ワーキングホリデーのビザが満了し、ビジタービザに切り替えてしばらく旅行など楽しみましたが、「生きる意味=社会と関わり合いを持っている事」と思うようになると、就労ビザがないと仕事ができないカナダでぼんやりとしているよりも、日本に一度戻ろう。と思い帰国しました。

帰国後もしばらく、派遣でシステムエンジニア兼プログラマーをしておりましたが、独学のアロマテラピーではやはり体調が不安定になる事もあり、本格的に学びたいと思うようになり、IFA認定アロマセラピスト養成校に入学することとなりました。

その後も、自然療法としての様々な研修を受け、現在に至っています。

その後の研修や実績についてはコチラ

幼児教員免許証あり。

120年の伝統のある幼児教育の専門学校「竹早教員保育士養成所」を卒業。千葉県柏市で幼児教員、当時としては最先端のベビーシッターを経験。埼玉県坂戸市では、北坂戸幼稚園にて産休補助を約1年行う。

オルカでは、お子様を預けなくても、サロンにお越しいただけるよう。ベビーシッターを担当いたします。ご希望により、同室、別室、近くの公園などご相談承ります。

ご予約時にお申し付けください。

オルカの看板ワンコズは、シェットランドシープドックと言います。こう見えて双子の兄弟です。
キャンペーン告知のアイコンになっていたり、ペットと自然療法のモデルになったりしています。

トライカラーは、ミシェル(大天使ミカエル様のフランス語読み)と言います。
人間で言うところの自閉症のような態度を取ることがあります。「そっとしておいてほしい」という時がございますので、ご挨拶を遠慮させていただくこともあり、営業向きではありませんが、アロマテラピーもパシフィックエッセンスも大好きです。
恐怖心や警戒心などを癒す為にパシフィックエッセンスをしています。
ブルーマールは、ラファエル(大天使ラファエル様)と言います。
ちゃきちゃきの江戸っ子気質で、顔に似合わず「てやんでぃ」「べんらめぇ」な口調で話すこともあり、お客様をびっくりさせてしまう事もありますが、わりと営業向きな性格で初めてお会いする方でもご挨拶が可能です。アロマテラピーもパシフィックエッセンスも大好きです。

看板犬ですが、ご予約時には席をはずしております。ときおり二階から、はしゃぐ声が聞こえる事もあるかもしれません。お出かけしていない限り、ご要望にお応えして、トリートメント後にご挨拶をさせていただきますので、お申し付けください。

ご予約以外でサロンにお越しの際には、サロン内でくつろいでいることもございます。本犬たちがサロンの窓から外を眺めている時に目が合うと、少し大きな声で話しかけると思いますが、お気を悪くなさらないでください。