You are here: Home > 活動報告 > 小児タッチケア ボランティア with ティナ・アレン

小児タッチケア ボランティア with ティナ・アレン

2015年11月12日、15日の2日間、ティナ先生のボランティアクラスにて、卒業生としてボランティア参加させていただいてきました。

12日は、医療ケアが必要なお子さんや、親御さん、施設職員さんがご参加くださいました。
日ごろ高齢者へのケアの研修はできている私ですが、ティナ先生のおかげで、初めてお子様のケア現場に携わらせていただきました。
今後も自分の力を養い、少しでも多くのお子さんにティナ先生の愛を伝えて行けるひとりになれるように頑張っていきたいと思っています。

15日は、「小児タッチセラピー」のデモクラスにて、ボランティア。
受講生さんの前で、実際に医療を受けている小児さんと親御さんに集まっていただき、ティナ先生のデモクラスを行う中で、親御さんがティナの話をメモしたり、実際に手を動かしてみたりしやすいように、お子さんに目を配っているのがボランティアの仕事でしたが、ティナの講義をまるっと見せていただけるのは、何よりもの勉強です。

小児タッチケアの必要性は、小児だけではなく、その親御さんの心のケアにもつながる様子が実感でき、これも、坂戸に持ってきたい!と思いを新たにいたしました。

何にしても、需要と供給なので、どのように私ができることをアピールするか、あるいは、需要があるのか、坂戸市内で探すのは大変そうですけれども、がんばらないとね。

Category