You are here: Home > Cooking Notes > ブロッコリーとシラスのオープンオムレツ

ブロッコリーとシラスのオープンオムレツ

和風イタリアン。しらすの香りがアクセントで、冷めてもおいしいところがうれしい。

【材料】

・ブロッコリー   1個
・しらす      1袋
・卵        3~4個
・顆粒コンソメ   小さじ1/2
・塩・コショウ   少々
・オリーブオイル  大さじ2
・にんにくチューブ 大さじ1
・ミニトマト    2~6個

【手順】

1:ブロッコリーを小房に分け、ルクエに入れて大さじ1の水とレンジ600wで1分~2分加熱、食せるやわらかさにする。
2:卵、顆粒コンソメ、塩、コショウを混ぜあわせる。
3:フライパンでにんにくをオリーブ油で炒め、香りが出てきたところで、しらすを入れ少々炒める。
3:しらすの香りが出て来たら、ブロッコリー、一口サイズにしたトマトを入れ、【2】を入れ、ふたをして蒸し焼きにする。


【ワンポイント】

ブロッコリーは茎にも栄養がたっぷりあるので、細かく刻んで一緒に入れると良いです。ビタミンC、βカロテンが豊富で、ビタミンA、B群(葉酸)、E、カリウム、鉄、カルシウム、マグネシウム、亜鉛なども豊富。この豊富な水溶性の栄養素を逃がさない為に、ゆでるというより蒸した方がよいです。動脈硬化の予防、血圧を正常に保つ、骨を丈夫にするほか、がん予防の食材でもあります。

トマトは、ビタミンAになるβ-カロテンをやや多く含み、抗発ガン作用や免疫賦活作用として知られています。その他にも髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。
トマトのリコピン赤色の天然色素で、活性酸素を減らす働きがあるそうで、アンチエイジング作用となります。
また、果汁成分には、脂肪を燃焼させる遺伝子を増やす「13-oxo-ODA」というリノール酸が含まれている事が2012年2月に発見されました。この成分の摂取によって肝臓で脂肪燃焼に働くタンパク質が多く作られ、血糖値が低下するとの事です。

しらすは、カルシウムだけではなく、美肌を作る三銃士「エラスチン」「メチオニン」「セレン」を含む食品です。丸ごと食べることに栄養素としての良さもありますが、逆に内臓もすべて食することになり、過剰摂取による障害の危険性が言われていますので、ほどほどが大事です。