You are here: Home > Customer voice > 24歳 女性(教職)

24歳 女性(教職)

【所見】

社会人1年目が終わる頃。専科教員の為、クラス担任などはないが人間関係へのストレスは感じている。冷え性と乾燥肌を気にしているというが。話が進むにつれ、生理不順が初潮からずっと続いており、年齢的に不妊にならないかを心配し、精神的な不安があるという話になる。医療機関には受信済みで、器質的な問題はなく、精神的なものと診断を受けている。

【目的と方針】

精神的なケア、乾燥肌のケア生理不順へのヘアを目的と捉える。冷えは手足を気にしているが、施術中の所見では、深部の冷えを確認する。体内からの体温維持は性ホルモンのバランス調整が関わっている可能性もある。注意して経過観察をする。

【ホームケアの方針】

入浴が好きで、ストレス発散にもなっており、1時間近く浴室で過ごすこともあるそうなので、芳香入浴や、石鹸などを潤滑剤にした下肢のセルフマッサージを提案。湯船につかっている際には足首回しを提案。
しょうが紅茶の飲用も、深部からの冷えの改善が期待できる為提案する。

【施術の実施と施術者の感想】

2週間に1回で5回のトリートメントを提案するも、結果的に月に1回のペースであった。しかしながら、ご本人としては、セルフケアもおこない、改善を体感し、香りによる心身のコントロールの有用性を感じてくださっているようなので、とりあえずの目的は果たせているようである。
実際に、何をしても改善できなかった生理不順が精油ひとつで改善されたとご本人からのお言葉には、嬉しさもありますが、それ故に、使用頻度やインターバルを取るなどの諸注意を忘れずに利用していただけたらと願います。

【ご本人の感想】