You are here: Home > Customer voice > 60代後半 女性(教職)

60代後半 女性(教職)

【所見】
トリートメントが好きで、旅行先などで受けた事があるとのこと。ストレスによる咳と咳き込むことによる背中の痛みがある。今年退職されたが、週4日クラスを受け持つことになり、週末仕事帰りに疲れが取れたらよいと思って来室された。

【目的と方針】

背のコリ、足、腰の疲労緩和を主訴とされているが、背のコリは慢性的な咳の影響があるものと見受けられる。機能的な疾患、障がいはなく、緊張やストレスを感じる場面で咳が続き困っているとのこと。この心因的なストレスに起因する咳を緩和することにより背中の痛みを緩和する事を方針とする。

【ホームケアの方針】

トリートメントと同じブレンドをセルフケアに利用していただく。セルフケアも楽しんで積極的にしていただいていたが、咳が止まりだした3回目以降、ホームケアーのご提案を増やしても積極的に取り組んでいただいていた。

【施術の実施と施術者の感想】

当初、コリや疲労感を主訴にいらしていただいたが、コンサルテーション中に気になる咳をする事を質問させていただくと、「よく分からないが止まらなくなることがある。」とおっしゃられる。その為、上記のような方針を定め、ボディ:フランキンセンス、マージョラムs、マンダリン。フェイシャル:フランキンセンス、ネロリ。とブレンドの提案をする。週1回の来室で3週目の来室時にご本により「お肌の艶、ハリが良くなった。何をしているのか?と友達に聞かれて、ここを紹介したいと思っている。」とのお言葉をいただく。すっかり咳も止まり、6週目からブレンドを変更し精神疲労と血行促進、スキンケアを目的とした。

最終10週目には、「体調は急によくなるというような変わり方ではなく、いつの間にか自然に楽になっていて、気付けないのだが、そう言えば、不調に感じなくなった。というところが、アロマテラピーの良いところではないか?」というお話をしてくださる。

症例としての記録は10週で終了とする。

【ご本人の感想】