You are here: Home > Studies > イブニングプリムローズ(Evening Primrose)

イブニングプリムローズ(Evening Primrose)

学名:Oenothera biennis
別名:メマツヨイグサ、月見草
科名:アカバナ科

, ,

お取り扱い&おすすめ

enherb
【植物油】 15ml(2,484) 【原産地】-

ハーブについて

イブニングプリムローズの種子のオイルには、n-6系多価不飽和脂肪酸のγ-リノレン酸(GLA)と呼ばれる成分が含まれる。この成分は、体内で代謝を受けて、月経痛やPMS、アトピーやリウマチなどの症状を和らげる。また、爪、髪の弱質化、肥満、子供の多動などの改善に用いられる。
種子油を使用する為カプセル剤で用いられることが多い。

=Study Notes=
※メディカルハーブテキストには上記のように書いてあるが、リウマチは自己免疫疾患。
自己免疫疾患とアレルギーは、全く別物なので教科書の訂正を求めたい(笑)

近年、n-6系多価不飽和脂肪酸の取りすぎもよくないと示唆されており、n-3系とn-6系の“バランス”よく摂取することを勧められている。

アロマテラピーのキャリアオイルとしても同様であるが、酸化が早い為、食品として摂取する際にもカプセル状の方が、酸化を防げて良いとされている。
植物油として摂取する場合は、保存時に酸化しないようかなり注意が必要。

利用部位:種子(種子油)
主要成分:脂肪酸(リノール酸、γ-リノレン酸)
主要作用:γ-リノレン酸の補給による生理活性物質の調整 → 女性ホルモン排泄、抗アレルギー