マタニティケアについて

オルカのオーナーセラピストは妊娠出産の経験はありません。
本当の意味で妊産婦さんの辛さは分からないかもしれません。
でも、緩和ケア病棟も、高齢者施設も、同じ条件でケアをさせて頂いております。
あるいは、産科の男性医師も同じかもしれません。

 

妊産婦さんご自身も経産婦でも同じ経験ではないと思います。
似たようなご経験はされるかもしれませんが、ひとりひとり違う経験をなさると思います。

 

だからこそ、ホリスティックアロマテラピーである必要があると私は思います。

 

一昔前まで、得体のしれないアロマテラピーは妊産婦には危険だ!と思われていた時代がありました。アロマセラピストとしてある程度の学習に至ると、妊産婦への禁忌の精油などを習います。しかし、なぜ禁忌なのか?を考えずに学習を進めるのは大変危険です。

 

わざわざアロマテラピーと呼ばなくても、生活の中に臭気はたくさんあります。
それらのものも、アロマテラピーと同じ代謝経路が使われます。
ですから、妊娠を希望している場合は、日々の生活でも芳香成分(人工香料を含む)の使用を制限するべきかもしれません。

 

実は、勉強をすればするほど、妊娠をして、その妊娠が出産にたどり着くまで継続されることは、まさに「奇跡」と言っても過言ではないと思うはずなのです。

 

だから、決して安易な気持ちでアロマテラピーの提供はしていません。
それが担当医に確認書を書いていただく最大の理由です。

 

しかし、妊娠期におけるアロマテラピーの有用性は確かにあります。
妊娠に伴う軽微なマイナートラブルの緩和、リラクゼーションおよび心のサポート、出産に伴う傷みの軽減、出産後の心と体の痛みの軽減などなど。

 

まず第一に、芳香浴は周期に関係なく可能です。可能ですが、それこそ、嗅覚と大脳辺縁系の関係には個体差が大きく表れますので、一般的にいい香りと称されるものがいいとは限りません。「みんなと違う私はおかしいのかしら?」と思う必要は絶対にありませんので、ご自身の体調はご自身にしか分からないもの。と思って選択をしてください。

 

芳香浴で使用される代謝経路は、主に嗅覚から大脳辺縁系の神経経路であり、呼吸によりわずかに肺循環を経て全身へ送られますが、経皮吸収ほどではありません。
ですから、芳香拡散、吸入法以外の方法は、周産期16週以降が好ましいとされています。しかし、周産期16週と言うのは、お母さんがようやく妊娠に気が付く頃でもあるので、普段からアロマテラピー(人工香料をアロマテラピーとして考えてはいけません。)をされている方は、気がつかないうちに妊娠を継続していて、しかも、その時、胎児は脳神経を作り終える頃と言う発達段階です。

もし、お子さんが欲しいと思っているの(=妊活中)であれば、相応の知識がある方のアロマテラピーを受ける方が好ましいと言う事になるでしょう。

 

また、芳香浴や吸入だけなら問題ないと言っても、英国の伝統的なホリスティックアロマテラピーを実践しているオルカでは、もちろんプライベートサロンである優位点ですが、おひとりおひとりに合わせてお部屋のコンディションも整えておりますので、マタニティケアを必要とされる方が、他の方に使用したマタニティ期には不適切な芳香成分が残っているというようなこともありません。

 

トリートメント(経皮吸収)をご希望の方には、コンサルテーションにて、選択できる精油を判断する為に何週目何日で、血圧、食事(食欲)、睡眠、むくみ、運動、体重の増加状況などのこれまでの経過や、かかりつけ医師や助産師さんから何か注意を受けていないかなどを確認させていただく必要があります。

 

なかなか、細かな事を長々と申し上げておりますが、お母さんとお腹の中の赤ちゃん。また、ご家族様の幸せが何よりだと思いますので、きちんとさせていただくところはきっちりとさせていただいております。